バンコクでの仕入れお手伝いしますーいつのまにか15年経っちゃいました

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

タイの仕入れは一体何が多いですか?タイの仕入れる商品は何がありますか?

タイでの仕入れ同行(ガイドアテンド)でよくお客様に質問をうける内容の一つに「皆さんは一体何を仕入れているのでしょうか?」と聞かれます

 

 意外とタイの仕入れというのは今では中国仕入れがとにかく多いですが、ここのタイ仕入れもかなり前から多くの方が来ています

 

其の中でも有名な仕入れ・輸入の商品を紹介します

 

一般的にはタイにはアパレル製品があり、歴史も相当長いです

 

ずっと前からタイはシルク製品、アジアン雑貨の中心的仕入れ場所で、民族系の衣料品などがありそれらの仕入れでは有名でした

 

しかし、アジアン雑貨は一部の人にしか売れない?ためか今ではなかなか苦戦しているところが多いのでは?と考えます

 

(私が考えですがアジアン雑貨は広く大きな日本の市場ではほんのごく一部であるので、流行で脚光を浴びないとなかなか売りにくい商品なのだと推測します)

 

反面、タイのアパレルでの仕入れの対象はタイで作っているとは言えない商品が特に動いていると思います

 

特に一般的にはTシャツなんかはタイの商品はとても独創的なデザインが多く、

また品質がいいといわれているので中国製品のよう大量に画一的な商品とは違い人気があるのは有名です

 

最近ではロックティー、バンドティーなどが流行っていたのでその需要は平年にくらべ2倍以上売れていました(毎年はそれなりに需要がありました)

 

また、どこかのサイトでの宣伝が功を通したのか、「OUKY」というTシャツが有名になっていて需要が追いついていない時期がありました

※ここのTシャツは生地がビンテージのように仕上がる可能が持ち味のTシャツです
なので毎回の色の一定性がないのが特徴です 多分ここのお店は仲間割れして似ているようなTシャツを販売しているところもあるようです

OUKYのTシャツのご注文のご希望の場合はこちらまでご連絡ください

 仕入れ買い付け代行のNISSHOトレードサービス

 

 他に有名なものといいますと、シルバー製品が歴史があり有名なタイ輸入品だと思います

シルバーといいましても中でも需要があるのがシルバーアクセサリーになります

f:id:omiyainbangkok:20090109134749j:plain

この画像はあるシルバー卸のお店の画像です。シルバーを販売している多くのお店の商品が撮影禁止のために参考の画像はあまり多くないですので貴重な画像です 

f:id:omiyainbangkok:20090109135209j:plain

 

シルバーと言っても、タイには少数民族のシルバーアクセサリーやクロムハーツのようなメンズ中心のシルバー925のアクセサリーが有名です

 

シルバー製品はタイに製造の技術があるためか、以前から日本で販売されているシルバーーアクセサリーは多くがタイのものらしいです

 

 ここ数年間は中国人・韓国・台湾・香港のバイヤーもとても多いです

またシルバー製品に関してはオリジナルのOEM制作もでき、其のために必要な形の作成も1000B~(3000円くらい)と割安感があるので、デザインを重視するところはオリジナルの作成に勤しんでいる所も多いです

 

あと、ここはタイですが何故か?インディアンジュエリーの製品が多いのも有名です

 

なぜ?タイでシルバーアクセサリーというのは宝石のジュエリーも盛んなので、シルバセクサリーもその良い影響を受けているのだと思います

 

 

 

仕入れで有名なものには革製品があります

これこの間見つけた270バーツの牛革財布

革製品はやはりタイの得意である、ハンドメイドの部分が少ないくないのでその分は中国輸入に対抗できる一つだと思います

 

また、タイ輸入の醍醐味であるオリジナル作成(OEM)が比較的に簡単にできる仕入れアイテムのために、多くの方が仕入れに革製品を求めてこられます

単純に牛革の革製品のベルト、カバンを財布は一般的ですがその他の流行でクロコダイルの革製品・ワニ革ヒマラヤン、エイの革製品、サメの革製品、オーストリッチの革製品、蛇の革製品、トカゲの革製品などなど革の種類は様々あります

しかし上記の皮となると日本に送ることが革の種類もあります

特にワシントン条約で決められた商品に関してはサイテス(CITES)が必要なワニ革などに関しては仕入れ先(工場)で作成できないところがあるので其の時は私共にご相談ください

クロコダイル、エイ革などなど様々な革で製造できます

他にもいろいろタイ輸入の商品はありますが、タイの仕入れの主な特徴としては、中国輸入より小ロットで仕入れる事ができるのと、それに伴い其の小ロットを生かしてのオリジナル商品の需要が高まっています

 

其の最大の理由としては、日本の通販において、アマゾン(AMAZON)の比率がとても大きくなり、、アマゾンの中で売っていき、中国輸入の価格の競争の蟻地獄から抜け出したいというセラーが増えているためです

 

しかし、タイだけではなくどこの仕入先でも、簡単になにもないところからオリジナル商品を作り出すにはそう簡単にできないです

 

最初は失敗が多いかもしれませんが、それを乗り越えて行くことで新たなブルー・オーシャンが見つかるのだと思います

タイ仕入れ、タイ輸入のご相談なら⇒ 15年の経験のNISSHOトレードへどうぞ

 

その他、様々な仕入れの商品がありますので、なるべく多くの商品を紹介できたらと思います

 

古着を特別に格安で購入する方法 古着仕入れ、古着卸し #タイ輸入

最近、タイ国内での仕入れで脚光を浴びているものがあります

それは、古着の仕入れです

タイ、バンコクは随分前からは古着の仕入れ地としては、有名でしたが近年になりタイ国内での古着の注目度が高まって、タイ一般若者の間でも古着を着ている人が多くなってきています

 

たくさんの古着の倉庫です ここは小売は この中に宝物が眠っているかもしれませんねーーー

そのタイ古着の需要の高まりに合わせて、様々な古着の仕入先が元気になってきています

ところで買い付け、バイヤー未経験の人は「買い付けってどうすればいいの?」という方も当然いることでしょう

特に買い付け初心者のかたは買い付けることに対して敷居が高いと尻込みしている方も多いと思います

でもでも、結局は自分の頭の中で、「そのモノがこの価格で買い付けてそのモノが売ることができるか?」というのがメインテーマなので最初はなれないことが多いですが、失敗も重ねながら経験していくしか無いと思います

そんな初めての方も仕入れ同行サービスをご利用していただければ、大きな失敗なく円滑に仕入れるお助けが可能です ただ、買い付ける商品の最終判断は自分自身になりますので、ご承知くださいね!
仕入れの同行サービス提供しています お気軽にお問い合わせください

www.facebook.com

買い付けに関しては、古着だけではなく他の一般的な買い付けにも共通点はありますが、またタイに来られたことのない古着バイヤー、買い付け初心者のかたにタイの古着買い付け事情を簡単に紹介します

 

①タイは小売卸し売は別々に分かれていないです

 ということは、つまり初見のお店での買い付けの時は、交渉というか「バイヤーの買い付けだよー」という意思表示が必要です 

何故かと言うとお店にはそれぞれのバイヤーの人に対して、卸価格の決まりがあるからです

例えば、バイヤーの人がラルフローレンのシャツをたくさん仕入れたい時は、まずはお店に其の適当な商品がある?のか確認してください

その結果を聞い「たくさん仕入れるけれどいくらになる?」もしくは「仕入れ価格で買うには何枚買えばいい?」などなどお互いの腹の探り合いが必要です

でもあとはお互いにビジネスになるので遠慮は禁物です

あとタイ特有のポイントは、お互い人と人なのであまりにもビジネスライクでいくよりは、笑いもふくめながら行くのがいいのかと思います (微笑)

ここ数年間 人気商品 革ジャン300~500バーツ(1000~1700円)

 

②タイでは古着の仕入れは3エリア+1

タイには主な仕入先は3エリアがあります

チャトウチャック市場(古着ゾーン)

バンコク郊外古着倉庫 代表的な倉庫の画像あります⇒ 過去の記事

ロンクルア市場 カンボジア国境付近(上級バイヤー向き)

 

また、最近古着のナイトマーケットが結構人気ですので

昼間の仕入れでもパワーが残っている時は遊びがてらに行くのもいいと思います

nissho.hatenadiary.jp

 ③ 古着屋さんとのお付き合い(人脈)

長期的にタイでの古着を仕入れる場合は、仕入先との関係が重要になります

特にチャトウチャックでは古着を販売しているスペースはとても限られてるので沢山の商品を見たい時は事前にその意志をつたえたり、この古着屋さんの倉庫へ行くことでチャトウチャック市場では見ることができない商品を探すことができます

また、其の倉庫の中にも予約を取らないと入ることさえできないところもあります

日頃の人脈づくりが大切ですね!

 

④勇気のいる技(裏技)

古着を仕入れる人は、店頭で荷物に囲まれながら商品をみながら商品を選定している人が多いと思います

その方法はよく古着業界で「ピックする」と言われているようです

反対に古着の卸の人はなかなか時間がないので古着の塊空気圧でパッキングしたベールというものを買う場合があります

其の場合は中の古着を選定するわけではないので、一番安く購入する事ができます

中に「ピックする」ときの半額で購入できる場合が

古着ベールの山 一袋 60キロ-100キロ位くらいのおもさです

 

あと、タイはこれから雨季本番です くれぐれも買った商品が濡れないよいうに気をつけてください