バンコク仕入れ担当者のブログ(NISSHOトレード&サポートサービス)

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

バンコクからの輸送方法

買い付けの後、一番重要?なお仕事が残っています

それは日本への輸送方法です

これが終わらないことには、夜も眠れないかtも多いと思います

現に私もお客様のご注文で代行で買い付け発送する代行発送の時は
ただでさえ、タイは納期が遅いのに急いで発送しないといけないときには
前日、夢に出てくるときも多々あります

そんなわけで、輸送方法や輸送計画は早めに立てることをオススメいたします


輸送方法まとめてみました

  • ハンドキャリー(手持ち)

 帰国の際に自分の手で持ち帰る
 確実、かつ早いですが飛行機に預け・持ち込みになるので
 数量に限界があります

  • 航空便

   +ドアTOドア・・・指定の住所までに配送、関税なども受け取り時に支払い
   +空港止め ・・・航空便で輸送後に指定の空港にて荷物の受取、関税の支払い

 このエアー便と言われるものは、早く、更に手軽で広く利用されています
 また、発送手段としては一番高いですので敬遠されがちですが
 タイ〜日本は多くの航空便が就航しているので他の国よりは
 1キロあたりの両起因が安い場合が多いです
 ちなみに100キロを超えれば日本へは100B前後で発送が可能なの
 大きな魅力です

  • 船便

  一般的にコンテナに積み込んで船で輸送します
  日本の行き先によりますが、船での輸送期間だけで10日ほどかかります
  料金は他と比べると断然安いです

  しかしこれには、様々な手続きが必要かつ他の費用も発生します
  他の費用といいますと日本の港についてからは自分で通関、運送しないといけなく
  そのための専門業者が幅を効かせていますが、料金帯がおそらくタイから日本の船便の料金より
  高い?と思います

  そのような欠点はありますが大量運送の場合にはなくてはならなく国際貿易の中心となっている
  運送方法なのかもしれません

簡単にまとめましたが、上記の項目には複数の方法というのが存在しますので,その説明は
また改めて致します