バンコクでの仕入れお手伝いしますーいつのまにか15年経っちゃいました

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

タイでは工場訪問はあまり歓迎ではないですよーーー

本日6月15日 もうロシアでサッカーのワールドカップが開催されていますね!

日本の初戦では6月19日ということで、だんだん迫ってきていますね

ここバンコクに住んで18年が経ちますが、毎回オリンピックや、サッカーのワールドカップに関しては、日本人の心が騒ぎ、町中にあるスポーツバーなどで観戦するのが恒例となっています。

今回は期待薄??ですがどこでサッカーを観戦しようかと考えていて、スケジュールを見ると

ガビーン! なんとバンコクにいなくカンボジア近くで古着の仕入れの予定となっていました。そこの仕入先(ロンクルア)には、スポーツバー的なところは一切なくどうやら生では見る事はできなさそうです (T_T)

海外の生活なので日本の事が恋しいので、今回のW杯は残念です 

 

それはそうと、この度は珍しくお客様のご希望でタイの革製品の工場に行ってきました

タイは中国と違い仕入れなどで直接、初回から工場に訪問できる機会は非常に少ないです。(タイは大規模な工場とその中間がなくて、小さい工場という形式がおおいです)

よほどの大企業同士の取引に関しては工場の方も簡単にアポイント(約束)を取ることができますが、何の思惑もなく工場を訪問することはなかなかできない(結構厳しいです)

日本人のように丁寧に断られるのではなく、はっきりと断られます(笑)

なので工場への訪問はそれなりに準備が必要です

今回はタイの中でも一番のワニ革の工場ということで、1ヶ月前より準備進めました。

※最終的にアポが確定したのは、それでも1,2週間前でした

 

今回はバンコクより車で2時間程度のところへ車をチャーターして行ってきました

 

タイのレンタカーは運転手付きが普通です

 レンタカー含めたタイの同行のサポートサービスはこちらまで

 今回は、アポイントが14時頃-15時頃でしたので、はじめてのお客様でしたので出発前に打ち合わせ方々、中食を取りその後に出発しました

 

行き先はシラチャーということで、車のトヨタの工場などが多い地区だったり、革関係は皮の鞣し工場などがあるエリアです 

 (もう少し先は観光地で有名なパタヤビーチがあります)

タイでの遠出はトイレが心配のために、高速道路内でのSAで休憩しました

タイは街中でもそうですが、遠出のときもトイレが心配なのでその辺はご注意ください

トイレットペーパーは必須ですよーー

ここはタイの中では一番立派な道の駅です

そんなこんなで2時間かけて工場に到着しました

勿論工場内は撮影禁止のところが多かったでした

 

直ぐ側にワニの養殖場があります ここの飼育頭数は14万匹! 

 

 広々とした環境で飼育されています ここの主な品種は Crocodylus sinensis です

 すぐとなりにワニが! あまりにも近い位置にいたので一緒に撮影しました

 そんなこんなで工場内での見学も済ませて、これから簡単な商談のお手伝いをさせていただきました。

ここの工場は大きい規模にもかかわらずに、カバンなら10数本(1色あたり)、財布なら50本(色を混ぜ可能)、OEMの製造もできるのでロゴを商品に打ち込むことができます。

帰るときに、担当者の方は「財布の注文ロットが多いときは初回は20本くらいでも大丈夫ですと!」   力強いお言葉!

タイはOEMという面では協力的なところが多いので、中国仕入れのように商品の相乗りという心配はないので、商品がAMAZONで調子を捕まえるといい結果に結びつきまね

クロコダイルの鏡面仕上げ

↓価格が19500バーツ 高い! ちなみに卸価格は4500バーツだそうです
↓クロコダイル 憧れのヒマラヤンカラー 日本では財布なら10万超え価格が多いです

ゲテモノ?? ワニの干し肉 市場ではあまり見かけないのでいい土産になるかも?

それはそうと、クロコダイルの商品は仕入れにはもう一つの壁があります

それはワシントン条約に関することです

普通でいくとワニの商品はタイから日本に送ることができません

なのでワシントン条約の即したCITES(サイテス)を取る必要があります

またこの輸入には日本の経済産業省の輸入承認が必要です

申請書類(METI/経済産業省)

その為に日本への輸入方法は熟慮の必要があります

おすすめとしては最初は試験的にある程度の数量の輸入、テスト販売のような形から始めるというのが定石です

また少量ながらもCITES書類作成のご依頼のお受けしますのでお気軽にご連絡、ご相談ください

まら、販売先への検品、梱包、発送も可能で

意外と知られていないですが、タイから日本への小口の発送(日本でいうところにメール便)は

ご自身での発送の外部委託のような方法も可能ですので、トータル的なコストダウンも可能です

お問い合わせ | NISSHOトレード&サポートサービス

 最近の傾向としては、中国での仕入れで価格競争に疲弊している方々の高級志向が顕著に見られます

タイは中国より仕入れのロットが少なく仕入れができると言われていますがそうそう簡単には進めるのは難しいと思いますので、最初のうちは少量から始めることをお勧めします そんなお手伝いをしますのでお気軽のご相談ください