バンコク仕入れ担当者のブログ(NISSHOトレード&サポートサービス)

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

古着を特別に格安で購入する方法 古着仕入れ、古着卸し #タイ輸入

最近、タイ国内での仕入れで脚光を浴びているものがあります

それは、古着の仕入れです

タイ、バンコクは随分前からは古着の仕入れ地としては、有名でしたが近年になりタイ国内での古着の注目度が高まって、タイ一般若者の間でも古着を着ている人が多くなってきています

 

たくさんの古着の倉庫です ここは小売は この中に宝物が眠っているかもしれませんねーーー

そのタイ古着の需要の高まりに合わせて、様々な古着の仕入先が元気になってきています

ところで買い付け、バイヤー未経験の人は「買い付けってどうすればいいの?」という方も当然いることでしょう

特に買い付け初心者のかたは買い付けることに対して敷居が高いと尻込みしている方も多いと思います

でもでも、結局は自分の頭の中で、「そのモノがこの価格で買い付けてそのモノが売ることができるか?」というのがメインテーマなので最初はなれないことが多いですが、失敗も重ねながら経験していくしか無いと思います

そんな初めての方も仕入れ同行サービスをご利用していただければ、大きな失敗なく円滑に仕入れるお助けが可能です ただ、買い付ける商品の最終判断は自分自身になりますので、ご承知くださいね!
仕入れの同行サービス提供しています お気軽にお問い合わせください

www.facebook.com

買い付けに関しては、古着だけではなく他の一般的な買い付けにも共通点はありますが、またタイに来られたことのない古着バイヤー、買い付け初心者のかたにタイの古着買い付け事情を簡単に紹介します

 

①タイは小売卸し売は別々に分かれていないです

 ということは、つまり初見のお店での買い付けの時は、交渉というか「バイヤーの買い付けだよー」という意思表示が必要です 

何故かと言うとお店にはそれぞれのバイヤーの人に対して、卸価格の決まりがあるからです

例えば、バイヤーの人がラルフローレンのシャツをたくさん仕入れたい時は、まずはお店に其の適当な商品がある?のか確認してください

その結果を聞い「たくさん仕入れるけれどいくらになる?」もしくは「仕入れ価格で買うには何枚買えばいい?」などなどお互いの腹の探り合いが必要です

でもあとはお互いにビジネスになるので遠慮は禁物です

あとタイ特有のポイントは、お互い人と人なのであまりにもビジネスライクでいくよりは、笑いもふくめながら行くのがいいのかと思います (微笑)

ここ数年間 人気商品 革ジャン300~500バーツ(1000~1700円)

 

②タイでは古着の仕入れは3エリア+1

タイには主な仕入先は3エリアがあります

チャトウチャック市場(古着ゾーン)

バンコク郊外古着倉庫 代表的な倉庫の画像あります⇒ 過去の記事

ロンクルア市場 カンボジア国境付近(上級バイヤー向き)

 

また、最近古着のナイトマーケットが結構人気ですので

昼間の仕入れでもパワーが残っている時は遊びがてらに行くのもいいと思います

nissho.hatenadiary.jp

 ③ 古着屋さんとのお付き合い(人脈)

長期的にタイでの古着を仕入れる場合は、仕入先との関係が重要になります

特にチャトウチャックでは古着を販売しているスペースはとても限られてるので沢山の商品を見たい時は事前にその意志をつたえたり、この古着屋さんの倉庫へ行くことでチャトウチャック市場では見ることができない商品を探すことができます

また、其の倉庫の中にも予約を取らないと入ることさえできないところもあります

日頃の人脈づくりが大切ですね!

 

④勇気のいる技(裏技)

古着を仕入れる人は、店頭で荷物に囲まれながら商品をみながら商品を選定している人が多いと思います

その方法はよく古着業界で「ピックする」と言われているようです

反対に古着の卸の人はなかなか時間がないので古着の塊空気圧でパッキングしたベールというものを買う場合があります

其の場合は中の古着を選定するわけではないので、一番安く購入する事ができます

中に「ピックする」ときの半額で購入できる場合が

古着ベールの山 一袋 60キロ-100キロ位くらいのおもさです

 

あと、タイはこれから雨季本番です くれぐれも買った商品が濡れないよいうに気をつけてください