タイの総合仕入れサポートNISSHO

タイ・バンコク現地からタイ輸入、タイでの買付け、仕入れをサポートさせていただきます。個人の方から法人の方までまずはお気軽にご相談ください

タイでのブランディング・オリジナル製品作成

おはようございます

今日もタイは暑い(35度)みたいですが、今日も1日頑張ります!

 

相変わらず気になるコロナ関係のニュースです

タイは相変わらず国内感染は45日間なし「0」です

でも相変わらず、外を歩くタイ人はほぼマスクをつけているのが現状です

これは本当にタイは用心深い?のか気になるところでです

この心理を私なりに疑問になり、うちのスタッフに

「何でまだ外はまだしもオフィス内でマスクつけているの?」と聞いたら、

スタッフ曰く『いやー 政府が言っているので・・・・』と一言 

 

 うーん そうかー 確かに日本人に似た、言われたことは言われた通りに行動する一部のタイ人の心理がここに働いているのだと思います

改めて、いろいろな考え方があるのだと思い、これだけの意識の違いは、ここタイで働く我々はビジネスに生かしていかないなあと改めて思いました

 

 

日本のコロナに関してあまりにも悲観的でしたので、省略にします

 

 

昨日からのタイでのオリジナル商品の製作に関しての、方法など簡単に紹介していきたいと思います

 

nissho.hatenadiary.jp

 

 

オリジナル商品の製造について

オリジナル商品で自分のブランドを作る?

初めての方、やった事が無い人には敷居が高いように思えるようですが何事も挑戦という意識で興味ある方は挑戦してみてください

急いでブランド作成というのは少し早いと感じる人は、まずはAMASONなどで相乗りされな程度の商品作りから進めてみてください

それには、『独自』の物をその商品に追加するのが必須になります

独自のものはどんな物がイメージできますか?

例えば、今はタイにオリジナル製品が多く作られている『革機能性ウォレット※』で順番に考えていきます

(なんか最近、ミニマムウォレットなどという感じで今一番売れている皮小物なのかなあ?と思います)

 

以下のオリジナル製品の方法のどれかは省略してもいいと思います

 

タイレザーウォレット、仕入れ、買付

タイのお得意革製品(機能性財布)
1.独自の形状の開発

まず、革製品でオリジナル製品で第一に考えられるのは、独自の開発された「財布の形状」での「独自開発」だろうと思います

『経験の無い人が果たしてそのような事ができるのか?』と思われた方がいるのだと思います

しかし、一般的に財布というものは、これだけのお金を使ってきた時代から使われているもので、財布もそれなりに形状は洗練されてきて、ある程度の形がお決まりのものになってきたいる

そこで、世の中に革新的で、購入した人が全て「あっと驚く形状」を求めるなら、確かに財布の1から学んでいかないといけなと思います

とりあえずは、そこまでは今のところ望んでいないとして考えます

 

(この最初のきっかけを足掛かりに、最終的には突き進んで欲しいところです)

そこで、既に世の中にある財布参考にして(マネして)その一部を独自の脚色をつける方法がきっかけとしてはごく一般的です

今、WEB上の日本のプライベートブランドなどは、最初のうちはそんな感じだったと思います

その独自の脚色をつける一例としては、今では一般的にはなっていますが、『カードの入れるポケットを多く作る』 『札を入れる部分を大きくする?』『色を変える?』『素材を変える?』などなど様々な➕1を考えてみてください

 

(想像すると数限りないくらいあるので、改めて紹介していきます)

 

ただ注意したいところは『意匠登録』のある製品からのオマージュ品の開発は、完コピに相当すると後々面倒なことになるので、気をつけたいところです

 

2.自分のブランドロゴの印字

次に、それなりに売れる自信がある時は、商品にロゴをつけるのもいいと思います

革製品の場合は、製品自体にロゴを印刷、スタンプが比較的に簡単につける事ができるので、それにより相乗りを避ける事ができる

タイはオーダーメイドができる皮小物屋さんはほぼスタンプに関しては対応可能です

ロゴに関しては、自分のロゴが無いなんて方はデーターなどで用意すしなえればならないです

しかし、ここで慎重にいきたいのは、果たしてロゴが入ったから「その商品が売れる」ということはまずありえないです

その段階にまではまだ進んでいないので、(まずは試しに)邪魔にならない程度にロゴを作業を進めましょう

ロゴのデザインは何か頭の中に創造的なのもがあればそれを使うのももいいと思いますが、全く考えらない場合は他の人の頭を使いましょう

例えば今はクラウドアウトソーシングのサイトも多いので、そこで仕事の募集してロゴのデザインを手に入れる方法が安価でできる一つだと思います

そのアウトソーシングで集まる人には本当のデザインのプロの人から、デザイン学校に通っている人までいろいろだと思うので、その人を探してみるのが近道です

そのデザイナーの人には、想像ができるようにロゴデザインを作るにあたり、経緯、イメージ、使用目的などを細かく伝えて、候補をいつくか出してもらいそこの中から選択する方法でいいともいます

 また自分の頭の中に、ワードがあるのならそのワードの装飾を任せてみるのも一つです

そのデーターを使いまわしていろいろなオリジナルを作れるので、大切に保管しておいてください

タイ・バンコクのアパレルのタグ、織ネーム

オリジナル商品作りは意外と簡単です!
商品のパッケージング(包装)

これは省略もできますが簡単なオリジナル製品がAMAZON対策のためなら一番簡単にオリジナルを主張できる方法になります

AMASONは独自のページを作り、まずはその商品の親ページになり、そこから販路を広げていく手法になります

その際にその親ページに自分独自のパッケージング(普通の紙やビニールじゃダメですよ!)を施す方法があります

例えば、包装、パッケージなのでオプションとは違いますがその商品を使う際の専用のケース、商品のメンテナンスに使う手入れのアイテム、一番簡単なのは自分のロゴなどが印刷してある袋を商品紹介ページに使う、その他ノベルティ商品の提供などという手法があります

また、その発展バーションでASINコードへの登録なども考えられます

 

最後に一番手間いらずなオリジナル(輸入代理契約・総代理店)

これは、タイの商習慣に乗っ取った方法なので、他に国ではなかなかできない方法だと思います

それは、まず話し合いが一番重要な点になります

タイは全体的にみると中国のような大きい工場は少なく、また個人的に経営している工場、販売などがまだまだ多いです(日本的に言えばセミプロが多い)

そこで、本当の契約書を交わして代理店契約を結ぶのか?もしくは口約束での契約をするという方法があります

口約束の場合は法律的な根拠はないのでそれなりに心配です

それでもその方法は結構、頻繁に行われていてタイの展示会などに行くとそれが顕著にみられます

 

実直なタイの人の性格(人それぞれなので難しいところもあるのですが)

信じてオーダーする形にはなりますが・・・・・・

 

この方法は、必然的に仕入れの規模が大きくなると思いますが、商品開発の時間を全く省略する手取り早い方法になります

それには、タイの市場を歩き回る手間は惜しまずにしないといけないです

そしてバイヤーの人のインスピレーションが大切になって来ることですし、様々なヒントが転がっていること間違いなしです

バンコク展示会会場

タイのギフトショー、展示会はアイディアだらけ

 

※「機能性ウォレット」これからの世の中、キャッシュレスが注目されてきています。しかし、急には財布という存在がなくなりはしないと思います。でも変革の真っ只中というのは間違いではありません。単純に買い付けて売る業態ではなくなってきているようです。アイディア、スピード、情報が重要な要素になっています

 

お問い合わせはこちらへどうぞ

NISSHO タイでの実績15年の経験、知識ご案内できます

http://www.nisshotrade.com/contact.html

 

Twitterで情報公開中

https://twitter.com/nissho_thai

 

 

 

次のブログの参考ワード

 

クラウドファンド

オリジナルの形状の提案(縫製、型、作り、まち)

 

 

 

 

 

7月10日タイコロナ情報&タイでの『せどり』『転売』仕入れについて

おはようございます

今日も相変わらず、出勤の電車は混んでいました

何とか7時前に仕事場に到着して、ごそごそと働き始めているところです

そんな本日ですが、残念なお知らせですが8月末くらいから予定されていた、

観光客のトラベルバブル(協定国の観光客のみ隔離なしの入国許可)が予定されていて、日本、中国、韓国、オーストラリアなどの国が予定されていましたが、

世界的に動向の変化により、予定が無期延期になってしまいました。

https://www.thaimoveinstitute.com/24202/

(中国や韓国、あと日本での新規国内感染者が急増している現状が関係しているのがわかります。日本なんかは昨日は過去最高みたいですね (涙))

まあそれでも報道は完全に鵜呑みにはできない部分がありますが、この状況では落胆する感じです

タイへ不要不急の方はそうでは無いかもしれませんが、タイで仕入れ、買い付けにくる必要がある方、タイに物を日本に送る必要な方は落胆が小さく無いと思います

私も落胆は隠せないです(まず、タイに入国が可能になればいのいちばんで日本に行って帰ってこようとしています)

でも、そんなこんなでこれから先も一進一退でコロナ終息まで向かうのでは無いかともいますので、なるべく焦らないで行くしかないとないのであります・・・

タイでのオリジナル商品仕入

話は変わり、昨日に少し触れたタイのオリジナル性、ブランディングに関しては少し掘り下げていきたいと思います

 

nissho.hatenadiary.jp

 現在のネットでの物販に関して、特に中国仕入れで電脳仕入れしている方にはが中心の方に言えるのは、他の誰も扱っていない商品探しのようです

そこで、単純に中国ではない国ということで、よく連絡をいただきます

しかし、そこで問題がいきなり発生します

まずは中国仕入れで例えば僕たちと同じ名前の『買付代行業者』を普段から利用している方には、ここタイ、バンコクでも同じように仕入れる事ができるだろうと思っている方が本当に多いです

ただ、タイに関してはデジタル化されていないのが現実であります・・・・

その理由としては、まず第一に考えられるのがタイはかなりの保守的な個人経営のお店が多いです。特に安定している昔から営業している仕入れ先はのオーナーはそれなりにいい歳なのでネットに詳しいわけでは無く、あまり関心がないのかもしれないです。

続いて考えられるのは、商品の複製を作られるの対策です

(そこが古い考え方で複製を作ろうと思えばいつでも作る事ができると思い雨のですが・・・・)

あと、タイの人の根底にあるのが、あまり人、サービスを信用していないからです

それでも今はネットでの販売は多くなってきていますが、ブランド品やそれでも仕入れやすい中国製品が多く、タイでのAMASONのようなサイトはありますが、それは既にアリババが買収しているので、中国製品、中国人バイヤーが多いです

タイのアマゾンと呼ばれるLAZADA(ラザダ)

https://www.lazada.co.th/

ここのサイトを覗いてみると、購入を進めていくとわかるのがデリバリーまでに1、2週間かかるところが多く、それは中国から仕入れている無在庫販売のセラー何だとおもます

(結構、版権無視の商品、日本にはなさそうな物など面白くはありますが・・・・)

このような状況ですので、タイの仕入れの商品に関してはせいぜい、ネットで調べて直接そこの仕入れ先に行くのがまだまだ主流なんだと思います

(中国で仕入れている人も結局は直接工場などので交渉、オーダーでのオリジナル製品の開発に勤しんでいます ただそこは中国特有のロットの大きさがあるので、それなりの規模感は必要です)

ここが、一つの物販での山ですね

ここからは『せどり』『転売』という方法でやっていくのは限界を超えていく手段の一つであります

やは、「せどり、転売にはそれなりに限界があり、またこの先はさらにせどりに必要な情報などは簡単に入手できる世の中がさらに加速するような気がします

そこに呑みこまれては、展望も明るくないはずです

そんな中、一つの物販生き残りの方法として考えられる沢山の方法の一つとして

オリジナル製品の開発、相乗りを許さない自分のブランドの制作『ブランディング』であります

特にここタイは上記に記載していますが、仕入れ先の規模が比較的に小さいので、小規模からのオリジナル製品の製造には向いているのであります

もちろん全てがオリジナルのオーダーを受けるというわけではないですが、その辺はあとは交渉次第で何とか進めたいところです

そこで、自分でオリジナル製品を作った、販売した事がある人は何となく交渉の時にでも想像がつくので問題ないと思いますが、まだ今までオリジナル製品、ブランディングをした事がない人はここからが山場です

意外とオリジナル製品は簡単に作れるのと、ブランディング製品製造まではまた次の機会に紹介できればと思います

 

最後まで拝読ありがとうございました

 

お問い合わせはこちらへどうぞ

NISSHO タイでの実績15年の経験、知識ご案内できます

http://www.nisshotrade.com/contact.html

 

Twitterで情報公開中

https://twitter.com/nissho_thai