タイ仕入れコツコツと18年の実績で仕入れお手伝いします

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

ワニ皮の仕入れなら!

今日はタイ仕入れツアーのお供です

(私自身はツアーは企画していないので一応通訳、アドバイザーで参加)

 

クロコダイルの仕入れなら

🐊

ここということでワニの養殖場を見学に来ました

 

f:id:omiyainbangkok:20190211175729j:image

ここはもちろんワニの養殖場なので

クロコダイルの製品の輸入には必要な

サイテス(cites)の発行ができます

 

f:id:omiyainbangkok:20190211175936j:image

 

サイテスといってもこれだけで日本に輸入できると思っている方もいますが、このサイテスを元の日本の経済産業省に輸入許可を申請するのが必須です

(最初は面倒くで難しいと思いますが、慣れればかんたん)

 

そんなわけでワニ皮、クロコダイルやサイテスのご相談はお気軽にお問い合わせください

 

ニッショウトレード 松原 まで

 

 

タイ・バンコク近郊 カラチからのUSEDがあつまる古着倉庫です 

ここタイは現在は2月ということもあり、街中には中国人がたくさん旅行に来ています。なにせ中国の正月(旧正月)のためお祭り騒ぎです。

また、古着の仕入れでも有名なロンクルア市場(タイとカンボジアの国境周辺ポイペト)でも、カンボジアの人は近年中国正月を祝うようになってきているので、私も古着の仕入れは小休止中です。

そんな中、古着の仕入れでもプロの方はご存知ですが、ここバンコクバンコク近郊でも古着の買い付けはとても盛んです。そのような中ですがここタイも中国正月のようなタイの独自のお正月が4月に控えているのでバイヤーの方も是非に注意していただきたいです。

 

中国正月は当方はお休みませんが、タイ正月(水掛けまつり)は1週間ほどお休みをいただきますので、その直前はタイの年末になるのでご注意下さい

ちょうどタイの正月にかけては日本の夏物が仕入れの対象となるので、古着の買い付けは夏物は特に早めに仕入れられることをオススメします

   ※今年の秋冬に関しては、あるブランドやスエットなどが急に品不足になって折角タイに来たのに仕入れることができなかった方もいました

また、バンコクでの仕入れはある一定の業者に人気が集まり、来る人来る人底に行っていく状況ですので、そこの古着倉庫は価格が跳ね上がっていますので、できればその倉庫の情報をインターネットに流してる方がいたとしたなら少し遠慮される方がバイヤーの方にはいい結果になると思います。

(・・・・なんだか古着塾??みたいな)

 

まあでも実はその倉庫に注目が集まっていたところですが、他にも何箇所か倉庫はあるので色々と探し出してほしいところです

 

ちなみにこの画像の古着卸は、予約がないと行くことができない(業者と業者のバッティングを避けるため)ところです こんなお客さん思いのそうこもあるなんて・・・・

ただ、ここはある一定量を購入できそうという方以外はご案内することがでないですのでご了承下さい(独自で仕入れに行くので、オーダーなんかもできるところです)

 

コンテナが到着した後の破壊力はすごいです

冬物が少なくなってきているので寂しいですね

 

そうそう最近、古着のお問い合わせでやたらと電話してきている方が多くいまして、ビジネスの初心者?なのか知らないけれど

「古着のおすすめの場所をGOOGLEで送って下さい」なんて来る方がふえちゃっています。こちらも商売でご依頼いただいている人のお仕事をさせていただいているので、それをタダでお教えすることはできないので、そんな電話をかけてくるのは愕然として力が抜けてしまうのでやめてほしいです・・・・。

 

これもSNSなどが一般的になってきているせいなのでしょうか?