バンコク仕入れ担当者のブログ(NISSHOトレード&サポートサービス)

タイ・バンコク現地の事務所から、日本からのバイヤー、買い付けのサポートサービスを提供しております。お問い合わせご希望の方は  http://www.nisshotrade.com/    のお問い合わせフォームからご連絡ください

仕入はタイ語が一番[仕入同行]

タイランドバンコクでなどで仕入をする時に多くも用いられる言葉は
勿論タイ語です

(私もタイにいるので多少のタイ語は話せますが、
それなりに話せるようになるには、1年はかかってしまいました)

それはそうと、仕入に英語も使える事も多くはありますが
それは殆ど基本的な意味でしか使えない場合が多いです

またその肝心な英語も、日本独特な英語の発音では殆ど通じないと思います
私も最初は英語で会話をしようと頑張っていましたが、
なにせ英語は大の苦手でしたので、その辺が苦労しました

なので仕入においては現地の言葉で、伝えないと意志の疎通が非常に難しいです

また、ここタイでも仕入の際は 外国人価格「日本人価格」
にての提供というところも実は多いという事です

昔からのタイは商取引では全てが交渉によって行われていた
歴史がありその風習は今でも深く根ざしています

その点から考えると、仕入はタイ語に依存するのが一番適しているのは
まぎれもない事実です