タイの総合仕入れサポートNISSHO

タイ・バンコク現地からタイ輸入、タイでの買付け、仕入れをサポートさせていただきます。個人の方から法人の方までまずはお気軽にご相談ください

タイ発送代行(宅急便カーゴ)サービスについて

発送代行・カーゴ(国際配送)サービス

タイから日本へお荷物、商品を代りに発送作業します

発送代行・カーゴ(国際配送)サービスについて

例えば日本からタイに買付けに来て最終的に荷物が発送する時間がない場合、もしくはタイに来たが目当てのものがまだ完成していない場合などなど自分自身でカーゴに持ち込んで発送作業がが出来ない場合は迷わずご利用ください!インボイス作成料・ダンボール代金が無料などもありお得にご利用できます。特にタイ・バンコクでは、発送料金は各店舗に一任されているので、各運送会社ごとに料金が異なりますので、トータルコストの削減のためにも弊社までお気軽にご相談ください! 


※商品代+送料の5% (最低手数料1,500バーツ)よりサポートします!  


 

発送代行の料金について

 発送代行(商品発送)のみご利用の場合、手数料は商品代+送料の5% (最低手数料1500バーツ)

  • 無料の回収は1箇所になります。それ以上の場合はご相談下さい(無料で回収提供中です)
  • 手数料の中にはインボイスの作成、ダンボール、市内交通費(長距離の場合は別途)が含まれます。
 
 

注意事項(航空便・船便)

DHL / Fedex /佐川/TNT: 航空便/ 商業輸入(DHL) 
荷物到着目安:発送より2日から4日  
※発送期間に関してお急ぎの場合はご相談下さい・速達あり
 
■ 上記の料金に、関税・消費税は含まれておりません。
 ※関税・消費税は到着時のお支払いとなります ■ 荷物が課税対象となった場合は通関料が発生いたします
■ 運賃計算は各カーゴ会社の基準に基づき、【実重量】【容積重量 /サ イズ】の重たい方で計算いたします。
  実重量 : 物(商品+梱包材)の最終重量
■ 一部遠隔地地域へのお届には追加料金が発生いたします。
■ 弊社ご利用のお客様には、燃料サーチャージ代(航空燃料割増料金)が必要ありません。
 ※弊社で利用している契約料金(各カーゴ会社)では、余分な手数料等は一切頂きません。

EMS : 航空便/個人輸入 
荷物到着目安:発送より3日から8日  
※関税検査等にかかる日数は含まれていません。
 
■ 上記の料金に、関税・消費税は含まれておりません。
 ※関税・消費税は到着時のお支払いとなります。 ■ 荷物が課税対象となった際、通関料が発生いたします。(※200円/1箱あたり)
■ 荷物は1箱につき、30kg未満、一辺の長さは1.5M未満となります。
 ※20kgを超える場合は個数分、基本料金が発生いたします。
■ 弊社ご利用のお客様には、燃料サーチャージ代(航空燃料割増料金)が必要ありません。
 ※弊社で利用している契約料金(EMS)では、余分な手数料等は一切頂きません。 

■ 輸送禁制品(リチウムイオンバッテリー他、航空便禁制品は出荷をお受けすることができません。)
コンテナ : 船便 / 商業輸入 
荷物到着目安:出港より約10日(主要都市:東京・大阪・名古屋)  
※関税検査等にかかる日数は含まれていません。
 
■ 納品から搬載までの準備期間 約2~7日間を要します。
■ 弊社ご利用のお客様には、INVOICE・パッキングリスト・船荷証券は無料で発行いたします。
■ 日本側で必要なチャージ、YAS、関税、消費税、デパン等は実費でかかります。ご自身でご対応ください。

※海上輸送では、40フィートコンテナ・20フィートコンテナ・混載輸送等をご用意しております。
日本側でかかる費用、通関に関してわからないことがあれば、お気軽に弊社までご相談ください。

 

こんな時に便利です!! ご利用方法

初めての運送会社で価格が不安!発送が不安!関税は!?

一人で買い付けに来られる方や、タイで梱包、荷物の回収をする時間がない方、もしくはまだ製品ができていないので滞在中に商品を送ることができない方にはとても便利な発送サービスです。お電話一本でもご予約可能です

時間がない!発送日が週末!どうすればいいのか解らない!

海外の仕入れは時間との戦いです。日々時間に追われていたりして、食事の時間もない方もいるくらい、時間の余裕がないものです。
海外の仕入れは時間が限られているのが常ですが、時間はやはり大切であり限られているので、時間をお金で買う感覚でお申し込めます。

仕入れのスケジュール計画の時に飛行機に間に合わないなどで、発送の為に十分な時間がない場合などもあります。そして、仕入れが終了するのが週末になってしまい、週末のカーゴが休業日の為に送る方法が無い!とご心配の方などもサポートします。まずは、あせらずに。そんな時は、弊社へご連絡をお待ちしております!弊社サービス(発送代行等)をご利用の方は運ぶのが面倒な重い荷物も事務所で保管することが出来ます。

コストのダウンの為アドバイス

タイから日本に送るにはまず送る商品(荷物)と送る方法を考える必要があります。タイは航空便が多く就航しているので他に国に比べると航空便が割安ということもあるので、発送方法の選択の余地は大きいです。例えば容量が大きいもので軽いモノ、反対に容量が小さいもので重いモノ、大きいモノ重いモノで送料を極限まで安くしたいもの(目安は数百キロ、数立方メートル)のものなどそれぞれにおすすめの発送方法がありますので。ご相談下さい。

急いでいるのに商品がまだ手元にない!!

せっかく日本からタイに買い付けに来ても目的に商品の在庫がない!そんな時は慌てずにその商品はお店に注文してそのお店の連絡先と納品予定日をお教え下さい。あなたが日本に帰国した後でも私共で回収してお手元にお届けします。

 

商品発送の値段について

ここタイのバンコクはとにかく流通が混雑する所であります。(その流通量がおおいので料金が割安なのかもしれません)なので事前に発送手段、移動手段は準備しておいたほうがいいです。

コンテナの発送と航空便の発送のどちらかを迷っている場合は、日本の通関業者(乙仲業者)の費用をお教えいただければ、当方で計算してどちらがオトクなのかアドバイスやご提案させていただきます。
日本人として勘違いしやすい事といえば日本だと宅配便は各業者(佐川、ヤマト、ペリカンなど)はどこへ持ち込んでもほぼ同じと思っている方も多いですが、タイはお店やそのエリア、発送者の外観などで価格が大きく違うことがあります。